株主・投資家の皆様へ

社長メッセージ   IRメール   財務ハイライト・配当   IRスケジュール

社長メッセージ

 photo
代表取締役社長
鹿島 亨
SRAグループは、1967年の創業時より、
「自らの職業的実践を通じ、コンピュータサイエンスの諸分野を発展させ、それによって人類の未来に貢献する」という企業理念のもと、グローバルな視点で先進技術を追求し、その成果をビジネスに活かすと共に、ソフトウェア工学に基づく品質向上にも努めてまいりました。
私たちSRAグループのお客様は銀行・証券、製造業、大学をはじめ多岐にわたっております。
グループ各社(国内6社、海外9社)は、各業界のリーディングカンパニーであるお客様に対し、「独立系」の優位性と、「技術先進性」「グローバル・リーチ」という強みを活かし、お客様のIT戦略を成功に導き、国際競争力強化にも直結するサービスを提供しております。
私たちは企業価値ならびに株主価値の向上を目指し、収益構造の改革を推進し「高収益モデルを確立」すると共に、「株主還元の更なる充実」を図るべく、下記の施策に積極的に取り組んでおります。
1. 既存事業における収益性の向上
2. ビジネスモデルの変革
3. 「自社IP製品ビジネス×海外ビジネス」の強化
4. 株主還元の更なる充実
◎従来通り配当性向50%を目処に〔安定的な高配当〕を目指す
◎株主資本の効率的活用の指標であるROEを継続的に10%以上確保する
 (2004年度から目標として設定)
皆様には、変わらぬご支援を賜りたくお願い申しあげます。

IRメール(最新)

【SRA Holdings】Special Mail (No. 189) 2020年11月

(株)SRAホールディングス 代表取締役社長の鹿島です。
本日、2021年3月期 第2四半期決算を発表しました。
併せて、「決算付属資料」、「2020年10月 月次売上高速報」も発表しました。
今回の発表の要点は下記のとおりです。詳細は、発表資料をご覧ください。
<発表資料> https://www.sra-hd.co.jp/

〔2021年3月期 第2四半期業績(連結) 前年同期比〕
■売上高=減収
■収益=「粗利益」:横ばい、「粗利益率」:向上

    「営業利益」、「経常利益」、「四半期純利益」:いずれもが増益

◎売上高:191億55百万円(6.1%減)
・開発事業(2.2%減):サービス業が増加したものの、製造業が減少
・運用・構築事業(3.2%増):企業向けが増加
・販売事業(14.4%減):海外子会社の機器販売が増加したものの、
           (株)AIT及び(株)SRAの機器販売が減少
◎粗利益:44億68百万円(0.3%減) 粗利益率:23.3%(前年同期22.0%)
◎販売管理費:22億99百万円(4.8%減)
◎営業利益:21億69百万円(4.8%増) 営業利益率:11.3%(前年同期10.1%)
◎経常利益:21億37百万円(9.2%増) 経常利益率:11.2%(前年同期9.6%)
◎四半期純利益:10億41百万円

 

全文表示
 

 

バックナンバー
 

IRメール配信サービス 新規登録 / 配信解除